サイトマップ

限度額は最大値ばかりを見ない

消費者金融で借りる場合においても、限度額を見ると最大で500万円、多いところでは800万円などとなっています。500万円も800万円も借りられれば高い車も買えますし、教育資金や住宅ローンの頭金といった用途であっても十分すぎる金額となります。

 

 

しかし、借りられる金額は必ずしも希望通りとなるわけではなく、あくまで審査の結果によって決まります。希望が500万円でも審査結果で限度額が10万円となる場合もあり、500万円借りられると考えて勝手な計画を立ててしまうと、審査に通ったとしても計画が崩れてしまいます。

 

消費者金融で借りる場合の話ですが、基本として初回の契約時の限度額は10万円前後、多くても30万円~50万円となるのが実情です。500万円や800万円は貸し付け条件で定めているだけであり、実際に借りている方がいるのかは不明です。

 

銀行であれば総量規制の対象外となることもあり、最大限度額とはいかなくとも200万円や300万円の枠で借りている方もいます。銀行カードローンは限度額ごとに金利が下がるので、大きな限度額で借りられる可能性がある方は消費者金融よりも借り換えカードローンのオリックス銀行での借り入れを考えるなどで、より低負担に借りられるのです。

 

カードローンの限度額

カードローンの良い所は、限度額の範囲内であれば何度でも簡単に借入れ可能な点です。申込み時には必ず審査がありますが、一度カードが発行されれば2回目からはATMでサッと借入れができるようになります。

 

限度額については申込み時に希望額を申告します。こちらの申告と審査の結果によって限度額が決まりますが、希望額以上の限度額の枠をもらえる場合もあります。限度額が多ければそれだけたくさんの借入れができるようになります。つまりカードローンの利用に関して自由度が増えます。

 

一方で、借入を増やせばかかる利息や返済の残高が増えてしまうというデメリットもあるので、バランスよく利用しなければいけません。

 

限度額いっぱいになったら

例えば限度額100万円だったとして、初回は50万円借入れしたとします。その後すぐにまたお金が必要になったとしても、残り50万円は借入れが可能です。限度額の100万円に達してしまうと、追加の融資はもらえなくなります。後は返済をしていくしかありません。

 

ただし、毎月返済を続けていって、残債が70万円まで減ったとします。この時にまたお金が必要になれば、30万円までは借入れ可能になります。限度額の範囲内であれば、借入は繰返し可能なのです。いざという時の為に、限度額には余裕を持たせておくとよいでしょう。

 

限度額は増えるケースもある

カードローンの限度額はずっと一定ではなく、増額される場合があります。借入と返済を繰り返していると、カード会社から増額の話が来る場合があります。例えば限度額30万円のカードを利用していると、限度額50万円に増やしませんか、連絡がきます。
自由度を増やすために増額に応じてもいいですし、借り過ぎを防ぐために敢えて断るのも正解の1つです。借入残高が増えれば毎月の返済が増える点も考慮して、慎重に回答するのがよいでしょう。

 

増額はお願いもできる

増額の誘いがカード会社から来るケースもありますが、自分からお願いをするケースもあります。例えばすでに限度額50万円いっぱいまで借りていて、追加でお金が必要になったとします。

 

他社のカードローンに申込んで追加融資を受ける方法もありますが、これでは管理するカードが2枚になってしまい、返済の手間も2倍かかってしまいます。それならば今使っているカードローンの会社に増額の申請をした方が何かと便利です。

 

応じてもらえるかどうかはやってみないとわかりませんが、今までの借入れや返済の実績が結果を左右します。

 

今後の限度額の増額を意識するのであれば、余計な他社での借り入れは増やさない、返済は遅れず不足せずにしっかりと行う必要があります。あくまで余裕のある返済ができると増額審査の際に判断されなければなりませんので、消費者金融でも銀行でも、増額をしてもらうと考えるなら今のうちから増額に向けた計画的な利用をすべきです。

 

初回限度額が小さくなりがちな即日融資での借り方であるとしても、限度額が増額されればそれなりにまとまった金額での借り入れも可能となります。